株式会社アマナ

株式会社アマナ
ロゴ:株式会社アマナ
業種:
広告・映像制作会社
勤務地:
東京都
得意分野:
テレビ、雑誌、Web・デジタル、プランニング、プロデュース、クリエイティブ
募集職種:
営業系、クリエイティブ系

何をやっているのか

「届けたい想いが伝わり、行動を促す」コミュニケーションを創る

企業や社会の本質的な価値や課題を見出し、コミュニケーションのコンセプトと企画の構築からアウトプットまで、ワンストップで提供・プロデュースしている国内最大規模のクリエイティブカンパニーです。

私たちアマナグループの武器は豊富なクリエイティブ資源や、年間2万件に及ぶ事例の知見です。スチールや動画(テレビCM、Web動画など)、撮影、CG(3DCG、アパレルCGなど)、Webサイトなどのビジュアル制作を中心に、独自開発したさまざまなクリエイティブサービスやデジタルソリューションを組み合わせることで、あらゆる課題を解決に導きます。

総勢400人以上のプロデューサーが、企業のマーケティング(広告・販促・広報など)や事業開発、広告会社など、コミュニケーション活動を担うお客様のインターフェイスとしてニーズに応えるため、トップクラスの表現力と技術力を兼ね備えた300人以上のクリエイター(プランナー・デザイナー・コピーライター・エディター・フォトグラファー・CGクリエイターなど)と連携し、伝わる形にビジュアライズ(具現化)していきます。お客さまの届けたい想いが伝わり、行動を促すコミュニケーションを創ることが、アマナの使命です。

これまでの実績

ビジュアルで心を動かす

アマナは1979年に広告写真制作会社としてスタートしました。創業以来、広告を中心としたビジュアル制作、コンテンツの企画制作、クリエイティブ素材の販売など、時代の半歩先を行くビジネスモデルやクリエイティブサービスを生み出し続け、幅広いマーケットに対応してきました。

現在もその進化は止まることなく、最新技術を導入したバーチャルライブ配信、XR(クロスリアリティ:現実世界と仮想世界を融合すること)コンテンツ・サービスの開発、オウンドメディアへの記事配信サービスなど、最先端のテクノロジーを取り入れた新商材に力を入れています。

お客さまの新規事業の立ち上げ、ブランドの構築、インナーコミュニケーション、コミュニティ形成、マーケティング活動、プロモーション戦略など私たちの手掛ける仕事は多岐にわたっています。アマナの40年以上の歴史のなかで培ったクリエイティブの知見により、コミュニケーションの質と量を変革させ、企業価値を高めることに貢献しています。

今後のビジョン

大切にしていること「人が中心」

アマナ(amana)の社名には「man(人)が中心」という意味が込められており、社員にとってアマナは「自己実現の場」であると考えています。自分のなりたい姿に近付くために、「こんなことをしたい!」という思いがあれば自由に発言でき、「やりたいこと」に前向きな社風。そのため年次や経験を問わず新しいことにチャレンジでき、自分の強みに変えていけるチャンスの多い環境です。

プロデューサーやクリエイター、ディレクター、エンジニアなどさまざまな人が活躍しています。なかにはアマナを体現するコーヒークリエイターやパティシエなどのプロフェッショナルも。感性豊かで多様性のあるスペシャリストが集まり、刺激しあって進化し続けることが創造の源であり、すべての提供価値のコアとなっています。

一人ひとりの「自己実現」を果たすための情熱とこだわりが、これからのアマナを創っていきます。

創業/設立/沿革
1979年4月 創立
代表者
代表取締役社長 進藤博信
本社・事業所
東京本社、西日本支社、九州営業所
関連企業
株式会社アマナイメージズ
株式会社アマナフォトグラフィ
株式会社イエローコーナージャパン
株式会社ニーズプラス
株式会社料理通信社
amanacliq Asia Limited
amanacliq Shanghai Limited
amanacliq Singapore Pte. Ltd.
従業員数
1041人(連結、2021年1月現在)
資本金
1億円

アピール1

こだわりの詰まった働く環境

オフィスは社員の発想力を高め、表現力を磨く場であるためのこだわりが満載。明るく開放的でスタイリッシュさと温かさが共存し、随所にアートフォトが飾られています。本社はアートの街として知られる天王洲にあるため、オフィス内だけでなく外からも感性を刺激されます。

また、総面積約1000坪の撮影スタジオや最新技術を導入したバーチャルスタジオ、オンライン配信用スタジオなど、クライアントとの共創ニーズに応える多様な制作拠点を保有。スチール・動画撮影はもちろん、ライブ配信や展示会などオフラインイベントも開催できます。

アピール2

人脈やノウハウをタイムリーに共有

アマナグループには、撮影、プランニング、制作、印刷、キャスティング、出版、クリエイティブ素材の販売など、さまざまな機能を持つ部門やグループ会社があり、さらに1万7000人の外部クリエイターネットワークを構築しています。

約1000人の社員が社内外でさまざまな人とつながり、年間2万件の仕事をしているため、個々の人脈やノウハウこそが大切な財産です。各人の持つリソースやナレッジをデータベース化し、独自のプラットフォーム上でタイムリーに共有することで、いつでもどこでもアクセスできます。誰がどんな人とつながっているか、いつどんな仕事を手掛けたのかがすぐに把握でき、自身の仕事にも活かせるのです。アマナで働く誰もが、効率的に最大限のパフォーマンスを発揮できることを目指しています。

応募資格
職種によって異なります。

□プロデューサー
4年制大学、大学院を2023年3月卒業予定者、及び既卒者(2022年卒まで)
※大学・学部・学科・専攻は不問です

□プロダクションマネジャー
□アシスタントフォトグラファー
專門学校、短期大学、4年制大学、大学院を2023年3月卒業予定者、及び既卒者(2022年卒まで)
※学科・専攻は不問です
募集職種
プロデューサー
プロダクションマネジャー
アシスタントフォトグラファー
仕事内容
□プロデューサー
トップクラスの表現⼒と技術⼒を兼ね備えたクリエイターと共に、ハイクオリティなビジュアル制作を中心とした一連のプロデュースを担当していただきます。

<具体的な仕事内容>
・案件の受注活動
・顧客への提案業務
・クリエイター(フォトグラファー、CGクリエイターなど)のキャスティング
・制作スケジュールの作成
・品質管理
・予算管理や交渉

直近ではイベント運営、デジタルプロモーションといった施策のプロデュースも増加しており、それらの制作進行業務の全般に携わることが可能です。

□プロダクションマネジャー
ハイクオリティのムービーコンテンツの企画制作を中心に、オフラインイベントとオンライン施策が連動した統合型案件まで、メディアを問わず幅広い分野のプロダクションマネジャーを担当していただきます。

<具体的な仕事内容>
・プランニングサポート
・スタッフィング
・スケジューリング
・プロセスマネジメント
・クオリティ&バジェットコントロール

プロダクションマネジャーとして経験を積んだ後に、社内外の業界トップクラスのクリエイターを起用し、さまざまなメディアに対応できる総合プロデューサーとしてキャリアアップすることが可能です。

□アシスタントフォトグラファー
自社スタジオやロケ先でのフォトグラファーの補助、カメラ周りの作業が主な業務です。業務を通して写真・動画撮影の技術を学び、またご自身での勉強も重ね、毎年行われる昇格試験を通過すれば、フォトグラファーとしての道を進んでいくことになります。
※フォトグラファー昇格後、正社員となります
求める人物像
・世の中の変化に対応し、常に進化できる人
・クリエイティブ(創造的)かつイマジネイティブ(想像的)に発信できる人
・主体的にチャレンジする姿勢を持って、ものごとに熱く打ちこめる人
採用スケジュール
□プロデューサー、プロダクションマネジャー
▼Webエントリー
▼書類選考・動画選考
▼適性検査
▼一次面接
▼二次面接
▼最終選考
▼内定
※選考内容は変更になる場合があります。

□アシスタントフォトグラファー
▼Webエントリー
▼書類選考・作品選考
▼面接
▼スタジオ実習
▼内定
※選考内容は変更になる場合があります。
給与
■プロデューサー(正社員)
240,000円(固定残業手当45時間分:61,594円、固定深夜割増手当45時間分:12,319円含む)
※超過分は別途支給

■プロダクションマネジャー(正社員)
240,000円(固定残業手当45時間分61,594円、固定深夜割増手当45時間分12,319円含む)
※超過分は別途支給

■アシスタントフォトグラファー(契約社員)
232,000円(固定残業手当45時間分59,569円、固定深夜割増手当45時間分11,914円含む)
※超過分は別途支給
諸手当
通勤費支給(出社の都度実費精算、上限5万円/月)
※アマナグループでは、在宅勤務が可能な場合は在宅勤務を推奨しています
賞与
年4回(6月・9月・12月・3月)
※初年度のみ賞与の支給時期が変更となる場合がございます
昇給
年1回(4月)
待遇・福利厚生・社内制度
・通勤費(出社の都度実費精算:上限5万円/月)
・健康診断
・各種研修制度
・慶弔祝い金
・チャット型医療相談
・社員持株会
・法人契約リゾート施設、保養所
・永年勤務感謝表彰手当(勤続年数に応じて旅行券・休暇を支給)
雇用形態
・プロデューサー、プロダクションマネジャー:正社員
・アシスタントフォトグラファー:契約社員
契約更新:有(1年更新)
契約満期:有(1年満了)
正社員登用の可能性:有 (昇格試験合格により)
試用期間:3カ月
※条件は本採用後と変わりなし
勤務地
東京
喫煙環境
屋内全面禁煙
勤務時間
■プロデューサー、プロダクションマネジャー
フレックスタイム制(コアタイムなし)
※標準となる1日の労働時間は7.5時間です
※研修期間中は定時勤務(9:30~18:00)となります(時間外勤務有)

■アシスタントフォトグラファー
フレックスタイム制(コアタイム無し)
※標準となる 1 日の労働時間は 7.5 時間です。
休日休暇
・年間休日125日以上(2020年度実績)
・土日祝日
・年末年始(12/29~1/4)
・年次有給休暇(初年度14日)
・慶弔休暇
・産前産後休暇
・育児休暇
・介護休暇
・リフレッシュ休暇(リフ休5)※5日間以上の連続休暇取得を推奨する制度
保険
各種社会保険完備
採用予定人数
約30人
※募集予定数は変更になる可能性がございます
採用実績
2022年 27人(予定)
2021年 31人
2020年 51人
2019年 35人
2018年 53人
2017年 29人
採用実績校
青山学院大学、秋田公立美術大学、亜細亜大学、桜美林大学、大阪芸術大学、神奈川大学、関西大学、関西学院大学、京都造形芸術大学、慶應義塾大学、國學院大學、駒澤大学、下関市立大学、首都大学東京、上智大学、女子栄養大学、女子美術大学、成城大学、専修大学、玉川大学、多摩美術大学、千葉工業大学、中央大学、筑波大学、東海大学、東京海洋大学、東京経済大学、東京芸術大学、東京工芸大学、東京造形大学、東京農業大学、東北芸術工科大学、東洋英和女学院大学、同志社大学、同志社女子大学、長岡大学、名古屋学芸大学、新潟大学、日本大学、文化学園大学、法政大学、武蔵野音楽大学、武蔵野美術大学、明治大学、明治学院大学、横浜国立大学、立教大学、立命館大学、早稲田大学
<短大・高専・専門学校>
HAL大阪、HAL東京、HAL名古屋、ビジュアルアーツ専門学校、東京デザイナー学院、東京映画・俳優&放送芸術専門学校、日本工学院専門学校、日本写真芸術専門学校、日本写真映像専門学校
直近3年事業年度の新卒採用者数の男女別人数
男性17人/女性16人 2018年度
男性18人/女性17人 2019年度
男性24人/女性27人 2020年度
メンター制度の有無及び内容
有(キャリアに関する面談機会の設置)
前年度の育児休業所得対象者数・取得者数(男女別)
育児休業所得対象者数:12人
取得者数:男性3人/女性9人
マスナビコンサルタントから一言
元々は広告写真の制作会社としてスタートした会社です。現在は広告ビジュアルの制作やクリエイティブ素材の販売など多岐に渡るビジネスモデルを展開し、年間約2万件のプロジェクトに対してコミュニケーションプランを提供しています。
23年卒

■エントリー

対象年月
2022年04月~2023年03月
ログインをしてからエントリーしてください。

詳細を確認する

エントリー

ログインをしてからエントリーしてください
新規会員登録の方はこちら ⟩⟩