株式会社神広エージェンシー

株式会社神広エージェンシー
ロゴ:株式会社神広エージェンシー
業種:
広告会社
勤務地:
三重県
得意分野:
テレビ、ラジオ、雑誌、新聞、Web・デジタル、イベント、屋外・ディスプレイ、プランニング、プロデュース、クリエイティブ
募集職種:
営業系、クリエイティブ系

チーフデザイナー 積木孝典さん

どのような学生時代を過ごしていましたか?

学生時代は、拓殖大学の工業デザイン学科に所属していました。工業デザインについて学ぶ一方で、大学のテニスサークルと美術サークルにも所属していました。美術サークルでは授業で学ぶデザインの領域ではなく、絵画を描いており、自分のアートセンスを広げていきました。

広告業界を志した理由を教えてください。

子どものころからデザインや美術に興味を持っていました。街を歩いているときに見かけるポスターやテレビで流れてくるCM、雑誌のなかの広告など。これらを目にするたびに、「自分もつくる仕事をしてみたい!」と思っていました。そして、いつしかグラフィックデザイナーの職種に憧れるようになり、広告業界や印刷業界を志すようになりました。

私が神広エージェンシーに入社を決めたのは、地元に貢献したい強い思いがあったからです。私も三重県出身で、関東に出てデザインについて学んでいました。「関東で学んだデザインへの知見が少しでも、地元三重県を元気にすることができれば…」。そう考えて、三重県を代表する広告会社である神広エージェンシーを就職先に選びました。

私が神広エージェンシーに入社し、2021年3月現在で15年経ちました。私の職務は入社当時からいままで、新聞広告やチラシ、印刷物全般のグラフィックデザインをすることです。また、いまはチーフデザイナーとしてデザイン部門のまとめ役も務めています。より具体的にいうと、各デザイナーのスケジュール管理と、各案件の調整や制作されたデザインのクオリティチェックをしています。神広エージェンシーでのデザインの制作は、営業との打ち合わせから入稿までの一通りのフローを担当しています。

特に印象に残っている仕事はありますか?

三重県では「津まつり」というお祭りが毎年開催されているのですが、そのポスターを手がけたことは強く印象に残っています。実際に街へ出かけたときに、そのポスターが貼られて広告として機能しているのを目にすると、自分は広告業界で仕事をしていると実感しますね。また2016年に開催された、G7伊勢志摩サミットのポスターも競合コンペに勝ち抜き、担当できたことも思い出深いです。

これらの例のように、地元である三重県のために仕事ができたときは、やりがいを特に感じますね。やはり故郷には、ほかの土地以上に特別な思いがあります。この先も、自分が手がけたデザインを通して、故郷に少しでも貢献できるような仕事をしていきたいです。

また、先日とあるチラシをつくっていたときにこんなことがありました。そのチラシには端から端まで文字が入っており、担当のデザイナーはその仕上がりをモニターで見ながら制作を進めていました。そして、モニター上では特に問題がなかったため、実際に紙に出力を始めました。しかし、紙に出力された実際のチラシを見ると、デザインの一部分に違和感を覚えたのです。そのため再度デザインの修正をした、ということがありました。

この件を経て、紙媒体なら紙媒体、デジタル媒体ならデジタル媒体のそれぞれの特性があり、デザインをするときはそれらを考慮する必要があると、あらためて実感しました。初心を忘れずに、媒体の良さを活かせる制作物をこの先もつくっていきます。

どのような学生と一緒に仕事をしたいですか?

まずはなによりも、デザインが好きな方ですね。普段の生活のなかで手にする広告媒体に、「どういうふうにつくったのか」「どのような意味が込められているのか」など、自然と興味を抱ける方は当社の社風にすごく合っていると思います。

それに長くデザインの仕事をしたいのなら、デザインが好きでなければいつか苦しく感じるようになるかもしれません。だから、学生の皆さんは自分が興味を持ったことに、とことん時間を費やして、さまざまなことにチャレンジしていってほしいです。そうして自分の好きなものを次々と見つけてほしいです。現在、社会情勢の変化が読めず、窮屈な生活だと感じることも多いかもしれません。だからといって、殻に閉じこもるのではなく、どんどん外へ向けたチャレンジしていくことが大切だと思います。

私自身も既存の仕事に満足せず、新しい提案をクライアントに積極的にしていくつもりです。例えば、オリジナルキャラクターの提案や、クライアントの新しい事業やブランディングづくりなど。未開拓の領域へ進んで挑戦していきたいと思います。

創業/設立/沿革
■設立
昭和54年6月1日
■沿革
昭和54年 津市新町に株式会社神広エージェンシー設立
昭和59年 有限会社三重クリエイティブセンター設立
昭和61年 四日市市三栄町に四日市事務所開設
平成2年 津市上浜町へ本社ビル新築移転
令和元年 代表取締役社長に江間次郎就任
代表者
代表取締役 江間次郎
本社・事業所
三重県津市上浜町6丁目21番地
関連企業
有限会社三重クリエイティブセンター
従業員数
8人(2021年3月現在)
(三重クリエイティブセンター 5人)
平均年齢
45歳(2021年3月現在)
(三重クリエイティブセンター 35歳)
資本金
1500万円
売上高
非公開
株式公開有無

戻る