インフォバーングループ

インフォバーングループ
ロゴ:インフォバーングループ
業種:
広告会社、デジタルマーケティング・エージェンシー、メディア
勤務地:
東京都
得意分野:
Web・デジタル、イベント、プランニング、プロデュース、クリエイティブ
募集職種:
営業系、マーケティング系

何をやっているのか

大手企業の実績豊富なデジタルエージェンシーであり、月間合計1億PV超のメディアも運営するユニークな会社

インフォバーングループは、2つのグループ会社で事業を行っています。

□INFOBAHN(株式会社インフォバーン)
クライアントの多くは国内のリーディングカンパニー。デジタルコンテンツを強みとして、誰に、どのように、何を伝えるのか?何のために伝えるのか?といった問いに向き合い、戦略から具体的な形にするまでを、一気通貫で提供できるデジタルエージェンシーです。戦略だけでもない、制作だけでもないからこそ本質的な情報が届けられます。

□mediagene(株式会社メディアジーン)
ブログメディア黎明期に『GIZMODO JAPAN』、『ライフハッカー[日本版]』などを立ち上げ、今では『BUSINESS INSIDER JAPAN』のようなニュースメディアをはじめ、さまざまなメディアを運営しています。メディアから派生したオフライン、オンラインのイベントも主催。情報の力で社会や、企業、個人をエンパワーする(本来持っている力を引き出していく・力を与えていく)ことが我々のミッションです。

これまでの実績

デジタル施策に留まらず、イベントや地方創生まで新しいコミュニケーションの形を実現

花王、アシックスジャパン、シチズン、資生堂、ニチレイフーズといった国内のリーディングカンパニーのブランディング支援。富士通、中部電力、大阪ガスなど日本のインフラを支える企業のオープンイノベーション支援。運営メディア「BUSINESS INSIDER JAPAN」によるミレニアル世代の飛躍を後押しするアワード企画。欧州最大規模のテック・カンファレンスTOAの公式パートナーとして視察ツアーや日本でのイベント開催など、さまざまな形で人と企業、人と人のコミュニケーションデザインを行っています。

今後のビジョン

【Group Mission】情報の⼒で社会をエンパワーする

⼈や企業に新しい選択肢をもたらし、視野を広げ、⾏動を後押しします。新しいメディアをつくり、育ててきた私たちだからこそ、信頼される「新しいメディア」で、社会や企業、そして⽣活者をエンパワーしていきます。

創業/設立/沿革
1998年10月 株式会社インフォバーン設立 
2008年2月 グループ会社 株式会社メディアジーンを設立
2011年6月 京都支社「インフォバーンKYOTO」開設
2015年7月 インフォバーングループが持株会社制に移行
2016年2月 研究開発組織「IDL」(INFOBAHN DESIGN LABO.)を設立
代表者
株式会社インフォバーングループ本社 代表取締役 CEO 今田素子
株式会社インフォバーン 代表取締役 会長(CVO) 小林弘人
            代表取締役 社長 田中準也
株式会社メディアジーン 代表取締役 CEO 今田素子
本社・事業所
東京本社 東京都渋谷区円山町23-2 アレトゥーサ渋谷
インフォバーンKYOTO 京都府京都市中京区柳馬場通御池下る柳八幡町65 京都朝日ビル10F
従業員数
インフォバーングループ全体 250名(業務委託・アルバイトを含む)(2021年1月現在)
平均年齢
33.9歳(業務委託・アルバイトを除く)(2021年1月現在)
資本金
株式会社インフォバーン 5500万円(2019年5月末日時点)
株式会社メディアジーン 5500万円(2019年2月末日時点)

アピール1

情報があふれる時代だからこそコンテンツの質にこだわる

私たちは、会社のPhilosophyとして“One from the authenticity”という言葉を掲げています。“authenticity“とは、信ぴょう性、信頼性という意味。私たちが何よりも⼤事にしていることは、⼀次情報の発信者として、信頼され、新しい価値につながるコンテンツ⼀つひとつの質にこだわることです。私たちのメディアや制作事例を見て、その姿勢やこだわりを感じていただけると嬉しいです。

アピール2

リモートワークとオフィスワークのハイブリット勤務

2020年7月よりリモートワークとオフィスワークを組み合わせた「ハイブリット勤務制度」を導入しました。オフィス勤務とリモートワークを併用することで、業務効率化を図りながらも、チームでの活発なコミュニケーションを図れる環境を整えていきます。日常のコミュニケーションはSlackやZoomを活用しています。

アピール3

先輩のフォローを受けながら自分がフロントに立てる環境

大企業や、指名で依頼がくるような事務所では、自分がフロントに立ち仕事ができるようになるまで数年かかることも一般的です。インフォバーングループでは、先輩のアドバイスを受けながら、新卒2年目でも担当者として直接クライアントとやりとりしています。思い通りにいかない時も、理由を分析して改善をしていくことで次の成功に結びつけます。打席に立つことができるので、やりがいも成長も大きくなります。

採用スケジュール
≪全学年対象! メディアビジネスの裏側がわかる勉強会≫

出版社を経てWeb黎明期から多くのコンテンツを世に送り出してきた会社、メディアジーン(インフォバーングループの一社)は、これまで、日本のメディアでありながら、Appleの製品発表会に招待されている『ギズモード・ジャパン』や、世界13カ国で展開するグローバルニュースメディア『Business Insider Japan』など、のべ10以上のメディアを運用してきました。

メディア業界のさまざまなビジネスモデルに挑戦してきた我々が、Webメディアの裏側を理解するための勉強会をお届けします!

全学年対象なので、
●就活準備中の方は1dayインターンやセミナーの代わりに
●就活中の方は、私たちの会社を知っていただく機会に(※これまで当社の選考に参加していない方で、選考をご希望の方は後日案内します)
●就活が終わった方は、入社後スマートなスタートダッシュを切るための準備運動に
など、自由に使ってください

今回の勉強会では、メディアジーンで働くメディアプランナー(広告営業)、ウェブディレクター(データ分析、会員獲得)、新規事業担当者が登壇して、自身の担当領域について説明します。

肩書だけでなく、彼らが縦横でどのように連携して1つのメディアを運用しているのか、徹底的に解説します。全員プロパー社員(新卒入社)なので、メディアについてだけでなく、みなさんの就活のお悩みにも答えてくれます。

勉強会を通して、みなさん自身が将来やりたいこと/やれることが少しでもクリアになったら幸いです。

※今回はメディアビジネスについての勉強会になります。編集・記者職についての新卒正社員募集、情報提供はありませんので予めご理解ください

□当日の概要□
・日時:9月14日(火)11:00-13:00
・開催方法:Zoom(予約された方に、イベント開始前にURLをお送りします)
・参加対象:学生の方(学年・学部・学科・専攻は不問)、または4年制大学以上を卒業されて2年以内の方

□こんなプログラムを予定しています□
1.メディアについての理解を深める
メディアのビジネスモデル、メディア運営の裏側、新しいメディアビジネスを解説します。

2.メディアの現場最前線にいる若手メンバーによる座談会
多様な役割でメディアを支える社員からリアルな裏側をこっそり話します。

3.Q&A
座談会登壇者へあなたの気になることを聞くもよし、聞くだけもよし。NG無しでお答えします。

□エントリー方法□
リンク先の応募ページから、必要項目を入力して、エントリーください。先着順となります。
https://hrmos.co/pages/infobahn/jobs/2000163
給与
月給 30万4000円
(基本給 22万6000円+時間外手当(45時間相当分) 7万8000円含む。45時間を超えた時間外労働については追加⽀給)
諸手当
交通費支給あり(月額3万円まで)
賞与
なし(年収を12分割し月額給与として支給)
昇給
年1回(6月)
待遇・福利厚生・社内制度
フリーアドレス制、服装自由、部内コミュニケーション費、英会話レッスン(費用の半分を会社負担)、社内部活動、パソコン貸与(Mac、Windows選択可)などその他多数
雇用形態
正社員
勤務地
東京都渋谷区円山町23-2アレトゥーサ渋谷
喫煙環境
屋内全面禁煙
勤務時間
10:00〜19:00(内休憩1時間)フレックスタイム制または裁量労働制
休日休暇
完全週休2日制(土・日)、祝日、有給休暇、年末年始休暇、慶弔休暇
※年間休日120日以上
※有給休暇付与日数は法定日数+2日
保険
各種社会保険完備(健康保険:関東ITソフトウェア健康保険組合、厚生年金、雇用保険、労災保険、介護保険)
採用予定人数
10人
採用実績
2021年度 8名
採用実績校
東京大学、一橋大学、同志社大学、早稲田大学、慶應義塾大学、上智大学、立教大学、国際基督教大学、中央大学、学習院大学、法政大学、明治大学、青山学院大学、日本大学、駒澤大学、埼玉大学、成城大学、國學院大学、デジタルハリウッド大学院、東北大学、北海道教育大学、立命館大学、京都精華大学、オレゴン大学、東洋大学など
直近3年事業年度の新卒採用者数の男女別人数
男性7人/女性4人:2019年度
男性4人/女性6人:2020年度
男性3人/女性5人:2021年度
研修の有無および内容
有  内容(アプリによる学習サポート、入社後3ヶ月程度は座学とジョブローテーションを行う新卒研修を実施)
自己啓発支援の有無及び内容
有  内容(英会話レッスン(費用の半分を会社負担)、書籍購入補助、社内勉強会多数開催)
役員に占める女性の割合および管理的地位にある者に占める女性の割合
役員の割合 27%、管理的地位のうち女性の割合 32%