株式会社ほぼ日

ロゴ:株式会社ほぼ日
業種:
メディア、メーカー、その他
勤務地:
東京都
得意分野:
Web・デジタル、イベント、プランニング、プロデュース、クリエイティブ、その他
募集職種:
クリエイティブ系

何をやっているのか

人々が集う「場」をつくり、「いい時間」を提供するコンテンツを企画、編集、制作、販売する会社

ほぼ日は、1998年6月に無料のWebサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」を開設し、オリジナルの読みものを無料でお届けしながら人々の集う「場」をつくってきました。読みものに限らず「ほぼ日手帳」をはじめとした文具や雑貨・衣類・食品等の商品、書籍、イベントなどの企画も当社ではコンテンツと考えています。「ほぼ日刊イトイ新聞」上でさまざまなコンテンツ発信を行うとともに、お買いもの自体もコンテンツとして楽しんでいただけるよう企画・実行をしています。

ほぼ日が創造する「場」はこれだけにとどまらず、店舗兼ギャラリースペース「TOBICHI」や渋谷PARCO8階に構えるイベントスペース「ほぼ日曜日」、コンテンツのフェスティバル「生活のたのしみ展」、そしてアプリで普段出会えないような人々の話を聞いて自由に学べる「ほぼ日の學校」など、Webとリアルの両方に広がっています。

ほぼ日が手がける「場」は、さまざまなクリエイターの方々が集まり、新たな表現に挑戦する場になっていることも特徴です。

これまでの実績

Webからリアルまで、ほぼ日が手がける「場」と「コンテンツ」の広がり

株式会社ほぼ日が手がける「場」をご紹介します。

□「ほぼ日刊イトイ新聞」
エッセイ、対談、インタビュー記事、商品紹介など、オリジナルの読みものを、1998年6月の開設以来、毎日更新しています。時流を追わず、人と社会への肯定感に根差した姿勢のいつでもたのしめる息の長いコンテンツが中心です。

□「ほぼ日ストア」
Webサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」発で、さまざまなオリジナル商品を企画・開発・販売しているお店です。毎日の暮らしをたのしくする商品を開発・販売する、Web上のちいさな商店街のような場所です。

□「ほぼ日手帳」
2002年版から誕生した、ほぼ日がつくるオリジナルの手帳です。使う人それぞれの「LIFE」に寄り添うものでありたいという思いをこめた「LIFEのBOOK」をテーマに国内外を問わず、たくさんの方にご愛用いただいています。

□「TOBICHI」
「TOBICHI(とびち)」は、東京と京都の2店舗があります。ここでは、展覧会やワークショップなどのさまざまな催しものや、ほぼ日グッズのお買いものをたのしめます。

□「ほぼ日曜日」
渋谷PARCOの8階にある「ほぼ日曜日」は、展示、ライブ、パフォーマンス、カフェ、ワークショップなどなどさまざまな「表現」を提供するギャラリースペースです。

□「生活のたのしみ展」
たくさんのお買いもの企画、トークショーやパフォーマンスなどの催し、Webコンテンツや動画配信でたのしめる仕掛けなど、出展者のみなさんとほぼ日がいっしょにつくりあげる「コンテンツのフェスティバル」です。2017年以降、六本木ヒルズ、恵比寿、うめだ阪急本店、丸の内で開催され、直近では2022年のゴールデンウィークに新宿でたくさんのお客さまをお迎えしました。

□「ほぼ日の學校」
「ほぼ日の學校」は、ふだん出会えないような人たちからいろんな話を聞いて自由に学べる、新しい学校です。授業は、映像とことばがいっしょになった学びやすい便利な画面でお届けします。

□「ほぼ日のアースボール」
「ほぼ日のアースボール」は国境も国名もない地球儀です。スマホやタブレットをかざすと、地球の「今」を見ることができます。AR技術で世界のいろんな情報がとびだす、最先端の地球儀です。

□「ドコノコ」
犬と猫の写真を投稿してたのしむSNSです。写真やコメントを投稿することで、本を作るような感覚で記録を蓄積し、交流することができます。

今後のビジョン

みんなの「ほぼ日」になっていくように、さらに、広く、開いていく

「ほぼ日」は1998年6月の「ほぼ日刊イトイ新聞」の創刊以来、この「場」を通して読みものや商品などさまざまなコンテンツを提供してきました。その後Webから飛び出して実際にお客さまと出会える「場」ができたことで、イベントという立体化されたコンテンツも定常的に私たちが手掛けるものとなりました。

これまでも自分たちが手掛けた「場」とコンテンツを通してお客さまとの出会いを広げてきました。ですが、現状のあり方や規模に満足することなく、いまの心地よさに安住することなく、新しい出会いや挑戦を重ねていきたいと考えています。

もちろん、私たちが大切にしている「夢に手足を」、行動指針となる「やさしく、つよく、おもしろく」といった考え方をもとに、自分たちなりの個性、得意については、いままで以上に思いっきり発揮していきます。どこからでも「いいこと考えた!」が生まれる、やろうと決めたことは「なんとかやれる」チーム。そんな「ほぼ日」がみんなの「ほぼ日」になっていくように、これからは、さらに、広く、開いていきます。

創業/設立/沿革
1979年12月 有限会社東京糸井重里事務所設立
1998年6月 『ほぼ日刊イトイ新聞』 創刊
2001年10月 「ほぼ日手帳」販売開始
2002年10月 株式会社東京糸井重里事務所に組織変更
2011年11月 気仙沼のほぼ日開設(2019年11月におひらき)
2013年6月 株式会社気仙沼ニッティング設立(2019年7月に独立)
2014年8月 ほぼ日のお店・イベントスペース「TOBICHI」オープン
2016年6月 犬猫SNSアプリ「ドコノコ」リリース
2016年12月 株式会社ほぼ日に社名変更
2017年3月 東京証券取引所JASDAQ市場(現・スタンダード市場)に上場
2017年3月 「生活のたのしみ展」開催開始
2017年6月 ほぼ日のお店・イベントスペース「TOBICHI京都」オープン
2017年12月 「ほぼ日のアースボール」ファーストモデル 販売開始
2018年1月 「ほぼ日の學校」開講
2018年8月 「weeksdays」プロジェクト開始
2019年11月 渋谷PARCOに2店同時に出店 
「ほぼ日曜日」(8階)「ほぼ日カルチャん」(2022年3月閉店)
2020年6月 「HOBONICHI MOTHER PROJECT」開始
2020年11月 「ほぼ日のアースボール」セカンドモデル 販売開始
2020年11月 本社移転 ほぼ日神田ビル(東京都千代田区神田錦町)
2020年12月 「TOBICHI東京」 移転(東京都千代田区神田錦町)
2021年6月 「ほぼ日の學校」 スマートフォンアプリ(10月にはWeb版)をリリース
代表者
代表取締役社長 糸井重里
本社・事業所
●本社
〒101-0054
東京都千代田区神田錦町3-18
ほぼ日神田ビル

●店舗・ギャラリー・イベントスペース
TOBICHI
〒101-0054
東京都千代田区神田錦町3-18
ほぼ日神田ビル 1階

TOBICHI京都
〒600-8018
京都府京都市下京区河原町通り四条下ル市之町251-2
寿ビルデイング5階

ほぼ日曜日(渋谷PARCO 8階)
〒150-8377
東京都渋谷区宇田川町15-1
従業員数
113人(2022年2月末現在)
平均年齢
39.2歳(2022年2月末現在)
資本金
3億5000万円
売上高
37億7400万円(2021年8月期実績)
株式公開有無
東京証券取引所スタンダード市場<証券コード:3560>
インターンシップ参加資格
下記(1)(2)両方の条件を満たす方

(1)国内外の大学院、大学、高等専門学校に在学中の方、もしくは国内外の大学院、大学、高等専門学校を既に卒業されている方で、2023年4月1日時点で卒業後3年以内の方
※参加期間中に他社で就業されている方は除きます。

(2)平日10:00~20:00のうち、週3日、1日5時間以上の勤務ができること
※1日の勤務時間は7時間(休憩別)を上限とします。
※業務の状況によって、決定した勤務日時を変更する場合があります。その場合はあらかじめ相談します。
※本社でのオフィス勤務を原則としますが、業務内容や新型コロナウイルス感染状況などによって一部リモートワークを可とする場合があります。
勤務地
株式会社ほぼ日本社(東京都千代田区神田錦町)
業務内容
募集職種:企画職
業務内容:商品やイベントをはじめとするコンテンツ※企画の立案、実行に携わっていただきます。

コンテンツや企画を生み出すためにどんな人たちが働いているのか、どんなふうに、どんな雰囲気で仕事をしているのか、実際の社内の仕事に携わっていただいたり、企画案に実際に取り組んでいただいたりするかたちでほぼ日という会社を体験していただけるようにしたいと考えています。

※ほぼ日では、読みものにかぎらず、商品やイベントなどかたちにこだわらず提供する「たのしさ・うれしさ」のすべてがコンテンツであると考えています。

時給:1200円
求める人物像
当社ならびに業務内容に興味関心があり、誠実で、企画の仕事を通して「ほぼ日」と働く仲間・チームに貢献したいと考えている人
インターン採用スケジュール
エントリー受付 
2022年5月17日(火)午前11時~2022年6月10日(金)午前11時

書類選考
書類選考結果は、ご応募から3週間以内を目安に通知いたします。
ただし、ご応募状況によって前後する可能性があることをあらかじめご了承ください。

面接選考(7月中を予定)
2回程度を予定しています。

インターン参加者決定(7月下旬頃を予定)

インターン実施 2022年8月~2022年9月