学年不問
【関東、オンライン】マスナビ生特別【無料招待券】~世界最大級の広告・マーケティングの祭典で学びと体験の3日間~ / Advertising Week Asia

広告ビジネスのイノベーションを体感

ニューヨーク、ロンドンをはじめとした世界6大陸で開催されているマーケティング&コミュニケーションのプレミアイベント「Advertising Week(アドバタイジング・ウィーク)」。2016年から東京を舞台に「Advertising Week Asia(アドバタイジング・ウイーク・アジア)」が開催され、今年で7回目を迎えます。2022年5月31日から6月2日までの3日間でオンライン・オフライン(東京ミッドタウン)のハイブリッドにて、50を超えるセッションに100名を超えるスピーカーが登壇予定です。

awa_talk.jpg

広告主・広告会社などビジネスパーソンが、広告業界の新潮流を知るためのイベントですが、今回アドバタイジングウィークアジア学生プログラム事務局のご厚意により、マスナビ生のみなさまをご招待いただきました。通常、5,500円するところをマスナビ学生は無料で視聴することができます。アーティストや著名人によるkeynoteや、大手企業セッションなど、会場やオンラインにてご視聴いただけます。

広告業界の最前線を知りたい、業界研究をもっと深めたいという方はぜひご参加ください。

ENTRY

Advertising Week Asia参加企業

【登壇企業(2021年参加企業例)】
電通グループ・博報堂・アクセンチュア・ADK・google・テレビ朝日・日経新聞・J-WAVEなど

【AWS】
アクセンチュアインタラクティブ、ドロガファイブ、電通デジタル、博報堂、ジェイアール東日本企画、カラジャパン、アイプロスペクト、ADKホールディングス、東急エージェンシー

ENTRY

Advertising Weekとは

AWAsia_RGBblue_350_126.png

2004年にニューヨークで始まった世界最大級の広告・メディア・クリエイティブ・マーケティングなどの領域を網羅する世界最大級のイベントです。世界各地域において中心となる都市で毎年開催され、年間を通して約16万人の広告ビジネス関係者が集います。2020年~2021年はCOVID-19の影響でリアル・イベントが叶わないなか、新たにオンラインによる開催を継続。2022年はオンラインでの経験も加えて、新たにハイブリッド形式にて、世界各地で開催することを予定しています。アジア地域はAdvertising Week Asiaとして東京で2022年に連続7回目の開催となります。毎年日本国内はもとより、世界中から優れた第一線のスピーカーが250人以上登壇し、100を超えるセッション、イベントが開催されました。また、働き方改革、女性のリーダーシップ、カルチャーに至るまで広範囲をカバーすることも特色です。

■詳細情報

会場
東京ミッドタウン/オンライン
服装
自由
参加費用
無料
ご連絡事項
【開催日】5/31(火)、6/1(水)、6/2(木)※出入り自由
参加決定方法
お申し込みボタンを押すと、アドバタイジングウィークアジアのイベント申し込みページにアクセスいたします。そちらよりお申し込みをお済ませください。
応募後のフロー
1:会場ライブパスポート(抽選で100名限定)
AWAsia学生コンペティションに事前登録していただいた方から抽選で100名に、会場での3日間入場パスポート(オンライン視聴も可)をプレゼント。

2:オンライン試聴パスポート(申込者全員)
すべてのオンラインライブ配信プログラムを試聴できます。
留意点
システムの都合上、5/31(火)9:00~18:00開催となっておりますが、正しくは5/31(火)、6/1(水)、6/2(木)です。また出入りは自由です。

■申し込み方法

日程
2022年05月31日(火) 9:00 ~ 18:00
定員
200 人
応募期間
2022年04月26日(火) 00:00 ~ 2022年05月25日(水) 23:59

詳しく見る

ログインをしてからボタンを押してください
新規会員登録の方はこちら ⟩⟩