MASSNAVI ACADEMY最新の動向や具体的な仕事をムービーでご紹介

業界研究

Human Centered Design(人間中心設計)を知ろう HCD-net×マスナビ 特別セミナー

「このサービス使いづらいな…」「このWebサイト使いやすい!」皆さんそういった経験をお持ちではないでしょうか。サービスの使いやすさを考える上で、Human Centered Design(人間中心設計)という考え方があります。今回、マスナビでは、人間中心設計推進機構の理事である飯塚さんをお招きし、このHuman Centered Designについて学べるアカデミー動画を用意しました。

サービスを成長させていく上で非常に重要なキーワードです。将来、ITサービスの設計・ビジネスデザインがしたい、UXに興味があるという方、ぜひご覧ください。

職種研究

博報堂プランナー・太陽企画ディレクター・プロデューサーがBOVAグランプリを解説(80分)

月刊『ブレーン』が主催するオンライン動画コンテスト「BOVA(Brain Online Video Award)」の各賞が発表となりました。今回、マスナビも協賛をしており、作品名「面接」がグランプリを受賞しました。

今回、マスナビアカデミーではグランプリ作品を制作した、プランナー河内大輝さん(博報堂)、ディレクター西村征暁さん(太陽企画)、プロデューサー井元俊輔さん(太陽企画)をお招きし、制作にまつわるお話を伺います。また、広告業界でよく耳にする「プランナー」「ディレクター」「プロデューサー」のそれぞれの仕事内容や就職活動時の秘話などもお聞きしました。

I&SBBDOプランナー・BISディレクター・プロデューサーがBOVA協賛企業賞を解説(45分)

月刊『ブレーン』が主催するオンライン動画コンテスト「BOVA(Brain Online Video Award)」の各賞が発表となりました。今回、マスナビも協賛をしており、作品名「広告の話」を協賛企業賞に決定しました。

今回、マスナビでは協賛企業賞の作品を制作した、プランナー久間木達郎さん(I&S BBDO)、ディレクター藤本匡志さん(BIS)、プロデューサー山田健太さん(BIS)をお招きし、制作にまつわるお話を伺います。また、広告業界でよく耳にする「プランナー」「ディレクター」「プロデューサー」のそれぞれの仕事内容や就職活動時の秘話などもお聞きしました。

選考対策

〈アーカイブ〉納得就活セミナー~就活中に遭遇するモヤポイントを回避するには~

「やらないといけないのはわかっているけど腰が重い」
「いつまでも同じことをやっているように錯覚する
「他人を羨んでしまう」
「自分の本心に向き合えない」
…など、就活から将来の社会人生活にまで役に立つ、「行動経済学」を用いた就活テクニックを伝授します。「行動経済学」は、不合理な生き物である人間を心理学と経済学を用いて分析する考え方。マーケターがマーケティング活動を実施する際に参考にするメソッドです。行動経済学で就活の不安・悩みを解消し、納得のいく結果へと導いてくれます。

〈アーカイブ〉伝わりやすく書く! エントリーシートも「言葉ダイエット」しよう

『言葉ダイエット メール、企画書、就職活動が変わる最強の文章術』(宣伝会議)の著者であり、電通コピーライターの橋口幸生さんが登壇! 就職活動で必ず役に立つ、限られたスペースのなかで伝わりやすく書く方法を伝授いただいています。

広告・マスコミ業界への就職を目指す方はもちろん、どの業界・企業の選考にも活かせるコツが身につくセミナーです。

〈アーカイブ〉IRレポートの読み方解説セミナー

IR(Investor Relations)レポートとは、企業が株主や投資家向けに経営状態や財務状況、業績の実績・今後の見通しなどを広報・PRするための報告書のことです。つまり気になる企業が今なにで稼いでいるのか、そして今後なにに注力していきたいのかがわかり、企業分析に役立ちます。

特にマスコミ・広告業界は過渡期でビジネスモデルが変わりつつあり、企業研究をしていてもなかなか全容がわかりにくい。そんなマスコミ・広告業界各社の違いをIRレポートから読み解き、その企業の未来像と自分の未来像を照らし合わせた説得力のある志望動機をつくれるようになります!

〈アーカイブ〉面接官の心理を見逃さない面接対策セミナー(70分)

マスナビ編集部が制作協力した新刊『納得就活~就活を成功させるための心理テクニック~』の著者の橋本之克さんをお迎えして面接対策に特化したセミナーを開催しました。大変好評のため期間限定でアーカイブ公開します。

□面接に臨む自分のメンタルをうまくコントロールする
□面接官の無意識に働く感情を知ることで、不用意な落選を防ぐ

…など直近の面接対策でも役立ち、さらには将来の仕事から実生活にも役に立つ、行動経済学を用いた就活テクニックを伝授します。

資格

AIを活用して、よりクリエイティブな仕事・キャリアを~文系・芸術系の大学生がAI人材になるには~〈全6回シリーズ〉

自動運転、危険予知、需要予想、画像処理、データ分析、マーケティング…。すべての仕事にAIが活用されている昨今。

AI時代に、文系学生の自分は職を失わないだろうか? キャリアアップするにはどうすればよいか? さまざまな不安が渦巻いていると思います。しかし実は、AIをつくるAIエンジニアだけでなく、AIを使いこなすAIジェネラリストが今後ますます求められているのです。

AIは理系キーワードだと思っている学生、今ひとつAIがピンとこない学生のための特別講義を、日本ディープラーニング協会(JDLA)とタッグを組んで開講します。