RESEARCH業界・職種を学ぶ 就活・自分を知る

レポート

親・先輩・ゼミ・地元が無意識に影響する!? ─ 就活を成功させるための心理テクニック 第5回

橋本之克さん

親・先輩・ゼミ・地元が無意識に影響する!? ─ 就活を成功させるための心理テクニック 第5回

近年大注目の「行動経済学」。不合理な生き物である人間を、心理学と経済学を用いて分析する考え方で、マーケターが消費者インサイト(消費者自身が気づいていない本音や動機)を捉える際にも参考にするメソッドです。就職活動も人の不合理な判断が少なからず起きてしまいます。判断を誤らないように、行動経済学を用いて就活対策をするならば──。第5回は、「進路について無意識に親の影響を受けていた」「先輩や同期が受けるからとなんとなく流されていた」といった心理の原因について。目の前の就活だけでなく、将来の仕事から実生活にも役に立つ、就活を成功させるための心理テクニックをお伝えしていきます。(マスナビ編集部)

スマホに最初にインストールしたアプリを放置している人は要注意

「モバイルマーケット白書 2020」によれば、日本人が持っているスマホアプリの数は103個でした。しかし実際に利用しているのは、わずかに39個だそうです。差し引き64個は使われておらず、単にスマホのメモリーを占有しているわけです。その結果、スマホの動作が遅くなり、保存できる写真や動画の量も少なくなります。あなたのスマホは、このような状態になってはいませんか?

自分でインストールしたアプリは利用するはずですから、利用されていないものは購入時にプリインストールされていたものが多いことでしょう。行動経済学の観点で言うと、使わないアプリを消さずに放置する心理は「初期値効果」の影響だと考えます。あらかじめ設けられた初期の状態が強く影響を及ぼし、初期値に従って人が選択や行動を行う効果です。無意識に最初の状態を維持する理由は、初期設定がオススメだと思ってしまうこと、変えることで損をするかもと思うこと、単純に面倒だから、などです。

皆さんの就活においても、この「初期値効果」が影響する可能性はあります。考えられるのは、“自分の親や周りの大人の働き方”が初期設定になり、これに近い進路を選ぶケースです。同様に“自分に近い事例”が影響すると、ゼミや研究室の先輩と似た就職先を選ぶといったことが起きます。この他にも、“親の期待”が初期値となって、親が喜ぶ業界や会社を志望することもありえます。“暮らした地域”が初期設定となって、そこから離れた勤務地を避けて就職先を選ぶ可能性もあります。皆さんの心の中にある、さまざまな要素が、就職に影響する初期値になりうるのです。

もちろん、これらの影響を受けた選択がすべて誤りとは限りません。自分で影響されていることを意識したうえで選ぶならば、それは自主的な判断ですから問題ありません。危険なのは人間が「初期値効果」の影響を自覚できないことです。なんとなく選んだ進路が、実は初期値によって左右された結果かもしれないのです。その結果、自分でも気づかないうちに、新たな道を選ぶチャレンジを避けてしまうこともありえます。

就活は人生を大きく転換するチャンスです。これを活かすために、「初期値効果」の影響について認識しておいてください。自分の無意識の中にある“初期設定”を意識し、時にそれをリセットするのは大事なことです。

就活中は応援ソングを聴くべし

この「初期値効果」に似た心理に「プライミング効果」があります。「初期値効果」は、初期の状態がその後の行動を左右するものですが、「プライミング効果」は、行動を起こす前に受けた刺激が記憶に残り、後の行動に影響するという効果です。この語源となる英語のPRIMEという動詞には「前もって教え込む」という意味があります。

非常に身近な例があります。皆さんは、「『ピザ』と10回言ってみて」の後に、ヒジを指さして「これなあに?」と聞く遊びをした経験はありませんか? ここで「ヒザ!」と答えてしまうのはプライミング効果の影響です。

ニューヨーク大学のジョン・バルフ教授らは、実験によって「プライミング効果」を検証しました。複数のグループに分かれた参加者は、それぞれ異なる5つの単語から4つを選んで短い文を作ります。グループの一つが選ぶ単語には、高齢者を連想させるものを3つ混ぜました。高齢、老人、といった直接的な言葉ではなく、フロリダ、忘れっぽい、ハゲ、しわ、などです(フロリダは温和な気候の地域であり、退職した米国の人々が余生を過ごす場所として有名)。短文を作った後に、参加者の歩行速度を計測します。すると高齢者に関する単語で文を作ったグループの参加者は、他のグループより歩く速度が遅かったのです。高齢者を想起させる単語が無意識に働きかけて「プライミング効果」を生み、老人のように行動させたわけです。

この「プライミング効果」を、就活で上手く活用することは可能だと考えられます。ごく簡単な例として、情報収集やES作成などの作業を行う際に、ポジティブな歌詞の音楽を聴くといった方法があります。あるいは就職の成功を表す言葉をあらかじめ壁に貼っておき、時折読むのも良いでしょう。自分で自分に良い刺激を与えるのです。その効果は単なる気のせい、などではありません。行動経済学の学者が実験で効果を証明していますから、試してみる価値はあります。

「初期値効果」や「プライミング効果」について知らないと、無意識に流されたまま行動し続ける可能性があります。しかし、これらを自覚して自分自身を意識的にコントロールできるならば、その力は就活における強力な武器となることでしょう。


第1回「ゼミやサークルを優先して、就活を後回しにしてしまうのはなぜ?」を読む
第4回「後悔しないための就活術。近い・遠い未来で着目点が変わってしまうのはなぜ?」を読む
第6回「企業や面接官への好感度をコントロールするには」を読む

著者プロフィール

マーケティング&ブランディングディレクター/昭和女子大学 現代ビジネス研究所 研究員 橋本之克さん
東京工業大学社会工学科卒業後、読売広告社、日本総合研究所を経て、1998年アサツー ディ・ケイ入社。戦略プランナーとして金融・不動産・環境エネルギー等の多様な業界のクライアント向けに顧客獲得業務を実施。2019年独立。現在は、行動経済学をビジネスに活用する企業向けのコンサルティングや研修講師を行う。また企業や商品に関するブランディング戦略の構築と実施にも携わる。著書に『9割の買い物は不要である 行動経済学でわかる「得する人・損する人」』(秀和システム)、『世界最前線の研究でわかる! スゴい! 行動経済学』(総合法令)ほか。