株式会社ジェイアール東海エージェンシー

株式会社ジェイアール東海エージェンシー
ロゴ:株式会社ジェイアール東海エージェンシー
業種:
広告会社、メディア
勤務地:
東京都、静岡県、愛知県、京都府、大阪府
得意分野:
テレビ、ラジオ、雑誌、新聞、Web・デジタル、SP、イベント、PR、屋外・ディスプレイ、プランニング、プロデュース、クリエイティブ
募集職種:
営業系、マーケティング系、クリエイティブ系、その他

グループ事業部 森下美優さん

どのような学生時代だったか?

小学生の時にテレビ局の夏のイベントに行ったことがきっかけで将来はテレビ局で働きたいと思うようになりました。その気持ちを抱いたまま、メディア学と国際社会学の両方を学べる大学へ進学。しかし、授業を受けるうちに、メディアの授業に魅力を感じず、テレビ業界は自分に向いていないのではと感じるようになりました。一方で国際社会学の授業に面白さを見いだすようになり、最終的に政治を学ぶゼミを専攻することに。短い期間ではありましたが、ゼミでは議員会館で秘書のインターンに参加する機会もあり、非常に学ぶことの多い有意義な時間を過ごしました。

ジェイアール東海エージェンシーへ入社を決めた理由は?

目指していたメディア業界が自分に合わないと感じてしまったことで、就職活動を始めた当初は、やりたいことが定まっていませんでした。自分は何が好きなのかを改めて考えるうちに、業界重視ではなく自分の信念に基づく会社で働きたいと思うようになり、ハウスメーカーや公共施設をつくるゼネコン、医療系など、幅広い業界・業種を視野に入れて選考を受けていました。

ジェイアール東海エージェンシーを志望したのは、鉄道好きの父親の影響。「JRグループを受けてみたら?」と言われたことがきっかけです。グループ企業を調べているなかでジェイアール東海エージェンシーを見つけ、昔から知っていた「そうだ 京都、行こう。」キャンペーンをやっている会社だから受けてみよう、という軽い興味でエントリーしました。しかし、業界研究をするうちに広告の仕事が幅広い業界と交わり、さまざまな形を生み出せる仕事だと知り、この会社で働きたいという気持ちが大きくなっていきました。

就活の軸だった「人の役に立つ仕事」を念頭に考えたとき、どの業界もそれぞれ人の役に立つことはできますが、さまざまな表現で人の価値観や考え方すらも変えるきっかけとなる「広告」で、人の役に立ちたいと思うようになりました。そんな思いが背中を押して、入社を決意。結果的に、憧れていたメディア業界に関わる仕事に就くことになりました。

これまでの業務について。

はじめはJR東海をクライアントとするJR部に配属されました。JR部は「そうだ 京都、行こう。」「うまし うるわし 奈良」などのキャンペーンを扱う部署ですが、なかでも私は簡単に言えば“新幹線の魅力を伝える業務”に従事しており、ダイヤ改正に伴う告知物制作やのぞみ25年周年イベントなどの業務に携わりました。浜松市にある新幹線のメンテナンスを行う工場で年に一度行われる、主にファミリー向けに新幹線の魅力を伝え、ファンづくりを目的としたイベントの担当もしていました。このイベントは半年前から企画提案に関する会議が始まり、工場に足を何度も運び、現地調査を行います。

とは言え、マニュアルをいくら完璧にしても、イベント当日は不測の事態が必ず起こり、”現場は生き物”という、先輩の教えを何度も体感しました。最初は焦ってばかりでしたが、その内、何が起きても慌てず冷静に解決案を考えられるようになりました。今もその精神は活きていると思います。

4年目に現在のグループ事業部へ異動し、今は新横浜駅にある駅商業施設の担当として、販促施策や装飾の企画提案などを主に行っています。購入につなげるための告知物の見せ方やターゲットに即した出稿媒体の選定など、今までに行ったことのない仕事はとても新鮮です。また、どの仕事も何が“正解”なのかわからないながらも、クライアントの要望に応えるべく、さまざまな人と協力してつくり上げていくことに楽しみを感じています。

印象に残っている仕事は?

昨年、新横浜駅の交通広場で開催したラグビーイベントが印象的です。ラグビートップリーグに属するチームに出演してもらい、間近でラグビーの技を見ることのできるイベントでした。駅構内でのラグビーイベントの実施は前代未聞のことで、お客さまや選手達の安全確保が大きな課題でした。当日の流れはもちろんのこと、設営方や会場で使用する素材の重量なども細かく資料にとりまとめ、関係各所に説明を行い、ようやく開催にまでたどり着くことができました。事前の調整から告知物の制作など、時間が限られたなかでの準備はやるべきことが多く大変な日々ではありましたが、2日間で多くのお客さまが来場され大盛況で終えた時の感動はひとしおでした。私たちの仕事はイベントだけでなくどのような仕事もさまざまな協力会社の力があってこそ成り立つものなので、本当に多くの方々と出会います。それもこの業界の魅力の一つかもしれません。

学生の皆さんへメッセージを。

長期の旅行やインターンシップ、海外留学など、学生の間にしかできないことを、全力で楽しんでもらいたいです。これらの学生時代の体験を通して感じたことを客観的に捉え、「なぜ?」と疑問に思い、自分なりの答えを考える癖をつけることで、将来的に仕事をに活かせることがあるからです。これは私も就活生の頃に言われた言葉ですが、まさに日々感じることです。正解はたくさんあります。さまざまなことに興味を持ち、自分なりの答えを探してみてください。

就職活動ではうまくいかないことも多く、つらい思いをすることもたくさんあると思います。このつらいと思う気持ちがどうやったら良い方向に進むのか、客観的に自分を見つめ直すことで何かわかることがあるかもしれません。人生のなかでも就職活動という長すぎない期間でこれほど多くの人に会い、話す機会はありません。新卒という今しかないこの時期を自分なりに精一杯楽しんでもらいたいです。

創業/設立/沿革
1963年11月 株式会社アド・メディアセンター設立
1987年07月 株式会社アド東海設立
1990年10月 アド・メディアセンターとアド東海が合併、株式会社ジェイアール東海エージェンシー発足
1998年10月 組織改正(名古屋営業本部を本社化し、東京・名古屋の2本社体制化)
2000年02月 本社(名古屋)を東洋ビル・JRセントラルタワーズに移転
2004年04月 本社(東京)を品川(港区港南・JR東海品川ビルB棟)に移転
2010年07月 組織改正(監査部、コミュニケーションデザイン部、制作部、出版・文化事業部の新設等)
2014年07月 組織改正(営業五部の新設)
2017年06月 本社(名古屋)をJRセントラルタワーズに移転・統合
2018年04月 組織改正(営業部門及びコミュニケーションデザイン部の名称変更)
2019年12月 組織改正(デジタルソリューション部の新設)
2020年07月 組織改正 (経営企画部・京都支社の新設、静岡支店及び関西支店の支社化)
代表者
代表取締役社長 厚地 純夫
本社・事業所
東京都港区港南2-1-95 JR東海品川ビルB棟7F
本社(東京)、本社(名古屋)、静岡支社、京都支社、関西支社
従業員数
279名(2020年12月1日現在)
平均年齢
39.0歳(2020年12月1日現在)
資本金
6120万円
売上高
227億9200万円(2020年3月期)
株式公開 有無

戻る