RESEARCH業界・職種を学ぶ 就活・自分を知る

レポート

後悔しないための就活術。近い・遠い未来で着目点が変わってしまうのはなぜ? ─ 就活を成功させるための心理テクニック 第4回

橋本之克さん

後悔しないための就活術。近い・遠い未来で着目点が変わってしまうのはなぜ? ─ 就活を成功させるための心理テクニック 第4回

近年大注目の「行動経済学」。不合理な生き物である人間を、心理学と経済学を用いて分析する考え方で、マーケターが消費者インサイト(消費者自身が気づいていない本音や動機)を捉える際にも参考にするメソッドです。就職活動も人の不合理な判断が少なからず起きてしまいます。判断を誤らないように、行動経済学を用いて就活対策をするならば──。第4回は、「就活の軸を大事にしていたはずが、いつのまにか面接の対策ばかりしていた」「OBOG訪問のメリットを理解しているものの億劫になってしまう」といった心理の原因について。目の前の就活だけでなく、将来の仕事から実生活にも役に立つ、就活を成功させるための心理テクニックをお伝えしていきます。(マスナビ編集部)

だれもが持つ二面性。タイミングによって捉え方が変わってしまうことも

『ジキル博士とハイド氏』や『24人のビリー・ミリガン』などの物語の主人公のように、一人の人間の中に複数の人格がある状態を「二重(多重)人格」と呼びます。一般の人は、自分とは関係ないことだと思うかもしれません。しかし行動経済学の視点で見れば、あらゆる人はあたかも「二重人格」であるかのように物事に反応し、行動していることに気づきます。原因は「解釈レベル理論」です。

これは人が心理的に遠い対象にはより抽象的で本質的な点に注目し、逆に時間的に近い対象にはより具体的で表面的な点に注目する傾向のことです。こうした解釈レベルの違いが、判断や行動に影響を及ぼすという理論です。

旅行に行った経験を思い出してください。出発まで時間がある時点では、同行者との楽しい時間などへの期待が膨らみます。しかし旅行が近づくにつれて、計画通りに観光地を巡ることができるか心配になり、細かく確認してしまったことはありませんか? またはスマホを買った経験を思い出してください。便利な機能の多さに魅かれて買ったのに、買った後は面倒に感じて実際には使っていないことはありませんか? 対象と現実に関わるのが遠い先か、または目前かによって、人はまるで違う人格であるかのように対応を変えるのです。ちなみに心理的距離には、現在から現実化までの「時間的距離」だけなく、今いる場所から対象までの「空間的距離」、自分と対象の関係など「社会的距離」も含まれます。

この「解釈レベル理論」は、就活において、どのような影響を与えるのでしょうか。例えば就活の開始前や初期段階では、面接試験まで時間があります。従って頭の中で理想を追いかける、うまくいく状態のことをイメージするなどに思考が偏る可能性があります。その後、実際の面接試験が近づくにつれて、望む仕事よりも、合格しやすい会社を探すようになるかもしれません。

未来の自分の仕事に対して期待を抱くことは大事ですし、逆に現実的に就職を成功させることも重要です。問題なのは就活を行う時期によって、自分自身の考えがブレることです。これを避けるためには、まず就活までの心理的距離が、無意識のうちに判断や行動に影響を及ぼすと認識することが必要です。さらなる対策としては時期によって、意識的に自分の関心事を変えるのも良いでしょう。例えば就活の初期段階において、就活を終えて間もない先輩たちのリアルな話を聞くことで、面接を身近に感じる行動が有効かもしれません。逆に面接が近づいた時期には、面接での話し方の練習に精を出すだけでなく、理想的な働き方をイメージすることも忘れないようにしたいものです。実際のところ、就職は社会人としての始まりに過ぎません。実際に社会で働くのはまだ先ですから、そこへ思いをはせれば、おのずと理想や本質に目がいくことでしょう。いずれにしろ、面接など試験の本番からの心理的距離を自分でコントロールすることが有効だと考えられます。

やらない後悔よりやる後悔。OBOG訪問は積極的に

行動経済学には「解釈レベル理論」以外にも、遠い未来のより良い自分のために、現在行うべきことを示唆する知恵があります。その一つが「後悔の回避」です。人は対象となる物事に関わった時、将来的に起きる結果を予測します。もし不快な状態に陥って後悔すると想定すれば、これを避けるような行動を選びます。

この心理も就活に影響します。就活では、初めて会う人に自分自身を売り込む、それまで知らなかった人の仕事を根掘り葉掘り聞くといった、通常であればあまり行わない行動をしなければなりません。慣れないと、OBOG訪問でうまく話せず恥ずかしい思いをするのではないか、時間を取ってもらうことで相手に迷惑をかけるのではないかなどと考えて、積極的に動けないかもしれません。しかしながら自分の未熟さを恥ずかしい思いをして知るだけです。OBOG訪問をすることで、自分に対する客観的評価、会社や業界の知識、(身内以外の)社会人と話す体験、今までにない人とのネットワークなど、得られることがあるはずです。後悔の予感を感じた時には、行動を起こすことで何が得られるのか、と考えるのが良いかもしれません。もちろん訪問に応じてくれたOBOGも、かつては自分が先輩のお世話になったことを思い出して優しく応じてくれているはずです。

何かを選択したことで生まれる後悔には大きく2つのパターンがあります。後悔しないために自重した結果の「非行為後悔」と、逆に後悔しないために行動を起こした結果の「行為後悔」です。後者の場合、反省すべき対象となる行動が明快なので、課題や解決方法が明確になります。ところが、前者の「非行為後悔」は、実際の行動が存在しないため、「あの時○○をしていれば良かったのではないか……」といった思いが際限なく生まれます。その結果、次に行うべき行動が明確にならず、後悔だけが長く続く傾向があります。

皆さんは後悔を恐れて行動を止める自分自身を、うまくコントロールしてください。そして遠い未来の自分のために、今の就活を粛々と進めてほしいと思います。

第1回「ゼミやサークルを優先して、就活を後回しにしてしまうのはなぜ?」を読む
第3回「自信?過信?不信? 自分を冷静に分析して、モチベーションもコントロール」を読む
第5回「親・先輩・ゼミ・地元が無意識に影響する!?」を読む

著者プロフィール

マーケティング&ブランディングディレクター/昭和女子大学 現代ビジネス研究所 研究員 橋本之克さん
東京工業大学社会工学科卒業後、読売広告社、日本総合研究所を経て、1998年アサツー ディ・ケイ入社。戦略プランナーとして金融・不動産・環境エネルギー等の多様な業界のクライアント向けに顧客獲得業務を実施。2019年独立。現在は、行動経済学をビジネスに活用する企業向けのコンサルティングや研修講師を行う。また企業や商品に関するブランディング戦略の構築と実施にも携わる。著書に『9割の買い物は不要である 行動経済学でわかる「得する人・損する人」』(秀和システム)、『世界最前線の研究でわかる! スゴい! 行動経済学』(総合法令)ほか。